Pour Bleu

Ferrari 488GTB

a0192923_13393868.jpg
Photo: Leica M9-P + Noctilux-M 50mm F1.0 and iPhone6

招待状を頂いたので、久しぶりにコーンズへ。488GTBのオフィシャルフォトを見てカッコいいな、と思っていたのですが、実車はさらにカッコよく美しかったです。なによりもリアが猛烈にカッコよく複雑な形状をしていて、ウットリと眺めていました。



a0192923_13413455.jpg
位置づけとしては458のマイナーチェンジですが、実際に見るとビッグ・マイナーチェンジであることが分かります。フロントはF1をイメージしているのは一目瞭然ですが、458のヒゲのようなフィンが無いのでよりスッキリとした印象。リアは、スクーデリアやスペチアーレのような太いマフラー2本出しです。

a0192923_1342049.jpg
何かと話題になるサイドエアインテークですが、巨大とはいえセンターで区切られているので、意外と目立たない印象でした。もちろん外装がネロなので、ロッソのときはまた印象が変わると思いますが。サイドミラーからも存在感を発揮しています。

a0192923_13425422.jpg
ところで、実車を見る前に一番気になっていたのはドアノブだったりします。ドアノブって、やっぱりデザイナーが頭を悩ます部分なんでしょうか。355も含めて以前は、ドアノブを隠す・目立たせないようにデザインしていましたし、360以降は女性の爪をイメージしたデザインでした。488GTBになって、小型のフィンを兼ねたドアノブになっていて、このフィンからエアインテークに至るラインが綺麗に処理されている印象を受けます。これ、デザイナーがかなり考え抜いて、試行錯誤の末に生み出したデザインなんじゃないかと。

a0192923_13482225.jpg
ご存知のとおりフェラーリのデザインはずっとピニンファリーナが担ってきたわけですが、488GTBはフェラーリデザイン、いわゆる社内デザインチームが担っています。もちろんピニンファリーナのバッジは付かないわけですが、バッジが無いほうがかえってスッキリして見えるのが不思議です。360以降のドアノブデザインはさすがに(顧客もフェラーリ本社も)飽きてきていて、変えたかったんだろうな。最近のフェラーリよりもランボルギーニを買う顧客も増えてきていて、デザインを何とかアグレッシブにしないと、という危機感があったのにピニンは(これまでの実績に安穏として)革新的なデザイン案を出してこない…それでフェラーリは社内でデザインするようになったのでは、と妄想したりします。

a0192923_13453939.jpg

a0192923_13433088.jpg

a0192923_13431098.jpg
それ以外にもリアテールランプも細かい模様がなく、プレーンな感じだったり、エンジンがより小型化・低位置にマウントされているように見えたり、なにかと進化しているなと。隣の458と比べても明らかに搭載位置が低く見えます。気になったのはエンジンルームのサイドカバー、初期のモデナのように「雨どい」が無く、大雨に遭遇したときの雨水や洗車の水が大量に流れ込みそう。設計上は大丈夫なんでしょうけど、気になるといえば気になります。あと、ブレーキですが、ラフェラーリや458スペチアーレで採用された軽量化・サイドブレーキ一体型のものが付いていました。

a0192923_13433911.jpg
a0192923_1343442.jpg

内装も各ボタンのインターフェースも458よりも洗練された印象を受けました。なによりカーオーディオが無いのでよりスッキリして見えます。その代わり(フェラーリなのに)USBがあったりして驚くというか、現代っぽくなったな、と思いました。458に試乗したときは、ディスプレイの切替とか、メニューの奥底にあったりして分かりずらかったのですが、きっと操作性もよくなっていると思います。

a0192923_13472399.jpg
展示されていた488の価格は3,000万ちょっとでした。オプションてんこ盛りにすると3,500万くらいなのかな。高価ですが、4,000万近くすると予想していただけに、よく価格を抑えてきたなと。すでにオーダーされている方も何人かいらっしゃったので、来年初めあたりには大黒でよく目にするようになるんでしょうね。
[PR]
by nyajilacs | 2015-08-19 13:51 | Car