Pour Bleu

ゴロー ブーティエル

a0192923_833338.jpg
Photo: Leica M9-P + Noctilux-M 50mm F1.0

オーダーして3か月。やっと登山靴ができたと連絡が。ゴローのブーティエル…オーダーしたのは1月の初めごろでした。ちょうど山へ行く靴をネットで探していて、オーダーメイドという選択肢があることを知ることに。しかも自宅の近所、というか通勤時によくお店の前を通っていたので、様子見で行ったのがきっかけです。

ゴロー、一部の人には有名らしいですね。恥ずかしながら僕は知らなかったのですが、南極遠征隊の靴をつくったり、有名な冒険家の靴をつくったり。そのあたりの話も伺ったりしましたが、どれも興味深いものでした。ちょうどお店には店主の森本さんがいて、いろいろと話をして試しに既成の在庫品を履いてみることに。履いた瞬間、靴と足のフィット感にやられました。とにかく安心感に包み込まれるようで、「もうこれしかない!」と、衝動買いに近い形でオーダー。一時期はオーダーしたことも忘れていましたが、3か月なんてあっという間です。



今回、一番悩んだのは靴の色。オーダーするにあたり、茶色・濃茶・黒の3色がありますが、最初は茶色がいいかな、なんて思っていました。黒もカッコよくてグッと来たのですが、軍靴っぽいのと、使い込んでいくうちに色が変わらなそうなのでやめました。革靴って使い込んでいくうちに色も変化するし、その人に合わせて成長するのがイイです。茶色と濃茶で悩んでいたところ、ちょうどソール張替え作業中の濃茶の靴があって、それがいい感じで使い込まれていたんです。「オレも濃茶を使っているよ!」という森本さんの言葉と共に、濃茶に決めちゃいました。

オプションは、B+インソールのみ。サイズが25.75cmなので、このときに作らないとたぶん作る機会がないと思うので。それ以外はいたってノーマルです。そう、ゴローの靴は0.25cm刻み。「人間の足は5mm間隔で出来てないからね」と森本さん。

もうこういう靴を作れる職人も少なくなってきたそうです。一生モノといわれるこの靴とともに、あちこち山旅をしてみたいと思います。

[追記]
慣らしで歩いてみました
[PR]
by nyajilacs | 2014-04-17 09:04 | Alpine